投資顧問とは

投資顧問は、金融商品取引法において、「金融商品取引業」の一種である「投資助言・代理業」に位置づけられています。(スナップアップ投資顧問)

金融商品取引法

金融商品取引法では、証券会社のように、株式などの有価証券を売りたい人と買いたい人の橋渡しなどをする業者のことを金融商品取引業者と名付けています。

ただ、金融商品取引業には、有価証券の売買の橋渡しの他に、投資についての助言を行うなど、様々な行為を継続して行うことも該当します。

そのため、証券会社以外の業者も金融商品取引業者に含まれることが多いです。

4つの区分

金融商品取引法において、金融商品取引業は以下の4つに分けられます。

  • (1)第一種金融商品取引業
  • (2)第二種金融商品取引業
  • (3)投資助言・代理業
  • (4)投資運用業の4つに分けられています。
第1種金融商品取引業とは

第一種金融商品取引業とは、有価証券の売買や市場デリバティブ取引、店頭デリバティブ取引等、有価証券の募集・売出しの取扱いなどの業務を行うことです。

第2種金融商品取引業とは

第二種金融商品取引業とは、集団投資スキーム持分など一定の有価証券の募集や、みなし有価証券など市場の流通性が低い証券の取扱いなどを業務として行うことです。

投資助言・代理業とは

投資助言・代理業とは、投資顧問契約に基づき有価証券に関する知識が少ない投資家に対する助言や、投資顧問契約や投資一任契約の締結の代理や媒介を業務として行うことです。

投資顧問は、この投資助言・代理業に該当します。

投資運用業とは

投資運用業とは、投資一任契約に基づく投資家の財産の運用などを業務として行うことです。たとえば、投資信託の信託財産を運用する業務などが投資運用業に該当します。